5月9日は「母の日」です

画像の説明

感謝状Shop店長、高野です。

今日は5月9日、母の日です。
母の日は9日ではなく、毎年5月の第2日曜日に決まっております。
それで今年2021年は5月9日ということでございます。

今回は感謝状Shopで母の日の感謝状を制作しましたのでご紹介します。

~感謝状~
おばあちゃん母の日おめでとうございます
専業主婦という仕事をひとつの強い
信念の下に徹底!してやり抜きました
人を思いやる心人を愛する気持ち
お母さんからいただいた思いやりの心は
家族全員の思いやりにつながりました
いつまでもその笑顔で周りを幸せにして下さい
家族をずっと支え続けてくれた
母に感謝の意を表します

いかがでしょうか。

今年はコロナのいろんな影響で、会社やいろんな施設またお店も自粛があって大変でございますね。昨年同様、今年も緊急事態宣言が出されていて多くの方が非常に困っていると思います。

そんな中で昨年から五月は1ヶ月間「母の月」として、日本花き振興協議会が制定をして「昨年同様今年も5月いっぱい母の月」ということをやっているそうです。

そうすることによってお花屋さんも配送も集中することないように分散をしてお母さんに母の日のプレゼントを贈ろうということだそうです。

ところで5月9日はなぜ母の日なのでしょうか?

母の日を祝う起源は100年ほど前に、アメリカのウェストバージニア州のアンナジャービスという女性が、お母さんを追悼するために1908年5月10日フィラデルフィアの正教会で白いカーネーション配ったということが由来らしいですね。

そしてその風習は1910年ウェストバージニア州の知事が5月の第2日曜日を母の日に制定するという宣言をして全米に広がったということです。

日本においては1919年に母の日を制定して1915年の大正4年から始まったと言われております。

そのような母の日、母の月は感謝状Shopとしてカーネーションと一緒に感謝状を贈ってはいかがでしょうか。

よく賞状、感謝状というのは男性の方もしくはお勤めの方が企業やいろんな関連会社からいただいたりする経験もあると思うんですね。

ところがなかなかの女性の方もしくは専業主婦の奥さん方は改めて感謝状とか賞状を貰う機会はなかなか少ないのではないかと思うんですね。

母の日にカーネーションのプレゼントの他に感謝状をもし貰ったら喜んでいただけるのではと思います。

今年はコロナですので実家から離れている方はなかなか会えないと思いますが、プレゼントの他に感謝状をお贈りすると、お母さんは非常に嬉しいんじゃないかなと思っています。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

【動画で見る】
【母の日文例集へ】