えいきょうをしっかり考える エシカルプロジェクトSDGs

買い物はSDGs の目標12番『つくる責任つかう責任』に大きく関わっています。「エシカル」な考え方を買い物に取り入れてみます。「えいきょうをしっかり考える」;①エシカルを選ぶ。②食品ロスのないように買う③プラスチック製のものを買い控える。④レジ袋やカトラリー類(ナイフフォークスプーン)は断る。
セブン-イレブンでは、販売期限が近づいたおにぎりやパンなどの対象商品を、電子マネーnanacoで購入したお客様に、税抜販売価格の5%分のボーナスポイントを付与します。お客様と一緒に食品ロス削減を目指す取り組みの「エシカルプロジェクト」を2020年5月から全国で展開しています。セブン&アイグループの環境宣言『GREEN CHALLENGE 2050』では、2030年までに食品ロス半減、2050年までに75%削減という目標を掲げています。
10月30日SDGsエシカル1-2-8-1-2A3W_page-0001

株式会社エンゼルマート
人事企画部ダイバーシティー推進チーム
筑波谷信市殿
あなたは日頃より食べられる食品を廃棄する
ことに心を痛めていたのでこの全国エシカル
プロジェクトにある食品ロス削減の運動を
よく理解し大きな使命とやりがいを持って
本気で取組まれ商品の品揃えの見直しと
お客様へのお声掛けにより商品の在庫を
昨年比で三割まで削減されました
依ってこの「食品ロス削減の日」に謝意を表します

令和四年十月三十日